体組成測定はするべきか?

こんにちは🌞

パーソナルトレーナーのSAKIです♫

 

忘年会シーズンがそろそろ始まる頃ではありませんか?

皆さま、ボディの調子は整っていますか?

 

 

身体作りをする上で、自分の身体が何でできているか

筋肉が多いのか、はたまた脂肪が多いのか気になりますよね。

 

さて、今回はそんなボディのバロメーターである『体組成測定』についてのお話です。

体組成とはいわゆる 身体が何でできているか ということで

体組成計は体重だけではなく体脂肪や筋肉量、骨量などを計測する機械のことです。

 

では、本題の『体組成測定はするべきか?』について。

 

私が思う、測った方が良い人とそうではない人のそれぞれの特徴を書きます。

※トレーナーさんそれぞれ見解はあると思いますので

今回は私の勝手な見解です( ´∀`)

 

まずは

測った方が良い人

・これから初めて身体作りを始める人

まず身体作りを始めるにあたって必ず目標設定は必要です。

その上でA地点をはっきりさせておきましょう!

 

・自分のボディと向き合いたくない人

あえて向き合いましょう!笑

食欲の秋だし、これから冬眠の時期だし仕方ないよね!

ではいけません。自分と向き合い、現状を知ることで身体を動かしたり、食べ物を気をつけたり、生活習慣の見直しをする良い機会です。

 

 

では次に

測らない方が良い人

・ずっと身体作りをしている人

筋トレを続けていたり、生活習慣を気にして生活している方は必要ないかと。

こういう方は、結構ご自身で鏡をチェックしたりとボディメンテナンスに抜かりがかいので、測らなくてもちょっとした変化で見直しをするでしょう。

体組成計は身体の水分量や機械の性能によって数値はまちまち。。。

むしろずっと身体を気遣っている方は、体組成計よりご自身の感覚の方が正確だと思います。

 

 

・ずっと測り続けてモチベーションが低下気味の人

いっそ測るのやめましょう。

神経質になりすぎると、自律神経が乱れて良い身体作りができないかも。

女性は特に排卵日〜生理中なんて、ムクムクでどれだけ頑張っていても、数値に現れないことも多々あります。

私の場合は2kgぐらい余裕で増えますしね。。。

モチベーションを保つためにも測らない方がスッキリして、前向きになります。

 

 

と、まあ私自身の経験と、これまで見てきたお客様の傾向により見解はこんな感じです。

 

 

余談ですが

実は過去に自分で実験したことがありまして。

体組成測定での基礎代謝量をもとに、食べた物のカロリー計算と、運動量(消費量)を記録し、1ヶ月後の変化を見ました。

 

1ヶ月後の記録は摂取量−消費量=−7800kcal  でした。

するとなんということでしょう!

体脂肪量−1kg!!!

体脂肪1kg=約7700kcalといわれています。

これには感激です。

これまで体組成計や体脂肪量1kg=7700kcal説を疑っていましたがこれをきっかけに信じるようになりました。

 

ただ、測るタイミングや機械の性能によってはなんとも言えませんので、ご自身で実験する場合は、その辺気をつけてくださいね。

 

 

 

プラウド白壁では、性能の良い体組成計をご用意しております。

 

私が担当するお客様は初回や定期的に測定を行いますが、ご希望があればいつでもお申し出ください。

 

↑実際の測定の様子

ただ、出た数値が全てではないことをご承知ください。

 

【トレーナーSAKIはこんな悩みがある方へ対応しております↓】

高血圧や糖尿病、メタボリック症候群改善&予防、怪我や慢性的な膝痛や肩こりなどをお持ちの方にも、問診やボディチェックをしっかり行い、痛みの出ない範囲での身体作りのご提案、健康的に痩せたい、などなど、運動に不安がある方・初心者の方・ご高齢の方にも安心して運動を行っていただけるマンツーマン指導を得意としています。

 

無料体験を随時行っておりますので

プラウド白壁HP

https://www.proud-shirakabe.com/studio/reserve.phpよりご予約ください。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

以上、SAKIでした!