産後のトラブル⑥〜姿勢不良が原因!?〜

こんにちは!

新米ママトレーナーのSAKIです🤗

 

とても暑い日が続いていますね🌞

もうクーラーなしではダメなようです。娘が。

とうとう汗疹ができてしまいました😭

昨日外へ出かける用事があったので、一緒に連れて行きましたが、外の暑さにやられ全身にプツプツが😭

かゆそう💦痒いと言わないのでわかりませんが、顔が痒いのか、抱っこすると顔を服にスリスリしてきます。その度に顔がいつもより赤くなっちゃいます。

先程病院で薬をもらって塗ったので、しばらく様子見です。

子供だけでなく、大人も汗疹ができやすいのでクーラーで温度調節や、可能なら1日に何回かシャワーを浴びるなど汗を流せると良いですね。

皆様もお気をつけくださいませ。

 

 

させ、久々の産後のトラブルシリーズ。

第6弾まできましたね😂もうないだろうと、産後2ヶ月に入ってすぐ、油断していました。

 

また、授乳に関するトラブルです。

しばらくなかったのですが、乳首の激痛で、乳首の先端に白いものが。

これは白斑と言って母乳の脂肪が固まったもののようです。

 

どちらかと言えば以前から乳首が痛かったのは左側。

むしろ右は絶好調(⁉︎)だったので、左よりも長めに吸わせていました

 

それが、そもそもの原因だったようです😭

 

この激痛の名前は乳口炎

 

乳口炎の原因はいくつかあるようです。

①赤ちゃんの遊び飲み

お腹が空いていない状態で、チュパチュパと浅く吸う時があります。

②長時間の授乳

私の場合はこれです。乳首に圧がかかり、傷がついてしまいます。

③同じ体勢、悪い体勢での授乳

これも、思い当たる節が。

横抱きの状態で、背中を丸めて長時間吸わせていました。

そうすると、母乳のでが悪く赤ちゃんも強い力で吸わなければなりません。

胸を張って姿勢を良くすると下の方に溜まりやすい母乳の出も良くなります。

母乳をあげている間の20分はかなり姿勢が悪かったので、トレーナーとしても大反省です😭

そして、横抱きだけではなく、脇に抱えるようなフットボール抱きもやってみると、痛みがなくなりました。

それは、違う体勢で吸わせると、様々な乳腺が開きやすく溜まっている母乳のでも良くなるからです。

 

2日間、痛みがひどく母乳を片方だけお休みしてミルクにしていましたが、娘の機嫌がすこぶる悪く、寝付くまでに2.3時間かかってなかなか眠れず、母子ともに寝不足でした。

搾乳で様子を見て、抱き方や姿勢を変えると痛みが全くなく、娘もおっぱいを飲みながら寝るという極楽ができ、次の日は寝すぎでは⁉︎というぐらい寝てくれました😂

 

 

乳口炎になっていると、白斑ができますが、その白斑を取り除いてあげる方が早く治ります。

針などで突いて、、という情報もありましたが、白斑は脂肪なので、温かいタオルで温めてふやかしてから取り除くことができました。

あとは、オリーブオイルなどの植物性油をつけて湿布しておくと取れやすいそうです。

 

あと、白斑が起こりやすい場合、砂糖やファストフードなどの摂り過ぎも原因だとか。

一瞬ドキッとしました。低糖質を心がけつつも、まだ産前よりも多く、手軽に食べようとウインナーなどの加工食品を食べることが増えたし、色々と気をつけなければいけませんね。

 

できるかきり、バランスの良い食事、そして人工甘味料や添加物などを極力避けながら食品を選んで摂りたいです🤗

気にし出すとキリがないですし、結構お金もかかってきます😭

全く身体に悪影響なものを摂らないのもなかなか難しいものです。

授乳中に限らず、皆様もできる限り意識してみてください。

 

 

では、本日はここまで。