妊婦が銭湯に行くのは良いのか?

こんにちは!

今日も1日快晴でしたね☀️

日中出かけると車の中の温度計は30℃でした💦

この時期は窓を開けて運転すると快適ですね。花粉症の方はお辛いかもしれませんが。

 

 

さて、昨日は久々に銭湯へ行ってきました。

 

タイトルにある通り「妊婦が銭湯に行くのは良いのか?」

とよく言われます。

昨日行った銭湯は知り合いが経営しているところですが、聞いたところ「良い」そうです。

 

行っても良い条件がもちろんあります。

①体調が万全であること

妊娠初期などつわりなどで体調が不安定であったり、妊娠後期で破水が起きそうな場合。

私の場合、妊娠後期ですがまだまだ破水しなさそうだったのでラストチャンスと思って行ってきました。😌

②1人では行かない

転倒や、何かトラブルがあった場合対応できる人が近くにいるとベスト。

私は旦那さんと一緒にいきましたが、もちろん男女別なのでお風呂の中は1人。しかし知り合いの店と考えると安心して行けました。

③サウナや岩盤浴には入らない

のぼせたり、脱水症状になったり、高温多湿の環境は子宮収縮が起こり早産になったりと胎児に影響が出てしまいます。

④温泉の成分で「妊婦は禁忌」と書かれている場合

「硫黄泉」や「炭酸泉」や漢方や薬草の温泉は、妊娠中に肌が弱っていると乾燥がひどくなってしいまったり荒れてしまう可能性があるので胎児というよりも母体に影響が出てくるので注意が必要です。

 

以上に注意しながら、でた後にしっかり水分補給をすることも大切です。

 

大きなお風呂で思う存分足を伸ばし、たくさん歩いて疲労もしていたので、足をバタバタせて浮腫を解消したり、外の空気を吸いながら夜空を眺めるのはとても素敵でした⭐️

外風呂は誰もおらず、まだまだ陣痛の気配もないのでスクワットを50回ほどしました。笑

 

 

産後はいつ入れるかと店主に聞いたところ、「生後1ヶ月から入れてた」とのことでした。

思ったより早く入れるな、と感じたのでまた出産後行くのが楽しみです♪

 

温泉入っちゃだめかな?と思っていたことができるって嬉しいですよね。

とても良いリフレッシュになりました♪

基本的には自己責任となりますので妊婦さんは注意事項や体調に気を付けてぜひ行ってみてください😊

 

 

では、本日はここまで。