友達と一緒にパーソナルトレーニングを受けるメリット

パーソナルトレーニングは、1回1時間6000円から1万円などさまざまな価格帯がありますが、一人でトレーニングをするより効果は高く、目標達成も早まります。

パーソナルトレーニングは費用がかかるので、躊躇している人も多いでしょう。それにパーソナルトレーニングは1対1で受けるのが基本なので、人見知りな人も体型やトレーニング効果を高めたいのに、受けるか迷って人もよく見かけます。

パーソナルトレーナーは1対1で教えるケースが多いですが、複数人同時に受付ているパーソナルトレーナーもいます。よって、トレーニング仲間や友達と一緒にパーソナルトレーニングを受けるのもおすすめです。

トレーニング仲間や友達と一緒にトレーニングを受けるメリットはなんでしょうか。メリットだけでなくデメリットも前もって知って、トレーニング仲間や友達と一緒にパーソナルトレーニングを受けてみましょう。

 

友達と一緒だとパーソナルトレーニングは緊張しない

パーソナルトレーニングは基本的に、パーソナルトレーナーとクライアントの一対一のセッションとなります。効率重視のクライアントではなく、気軽に楽しくトレーニングしたい、人見知りだけどパーソナルトレーナーに教わってトレーニング知識を広めたい、という人向けに、複数人同時にパーソナルトレーニングを受けつけているトレーナーもいます。

友人とトレーニング

体験としてパーソナルトレーニングの初回に限り、セッションの料金を無料や半額にしたり、クライアントを複数人同時に受け付ける場合もあります。

人見知りの人は友達と一緒にパーソナルトレーニングを受けると、緊張せずに楽しく教われます。パーソナルトレーナーとある程度距離感が掴めると、セッションに集中するために1対1で継続契約も可能となります。友達と楽しめるのは良いけど、さらにトレーニングに集中したくなる人もいますからね。

複数人同時のパーソナルトレーニングを受け付けていても、職人気質なパーソナルトレーナーも存在します。職人気質なパーソナルトレーナーはより効率重視で、クライアントの性格を重視しない傾向にあります。いわゆる頑固親父なパーソナルトレーナーです。

このようなパーソナルトレーナーはクライアントの相性がかなり絞られて囲い込みしにくいのですが、相性が良いと料金の割にかなり力を入れてパーソナルトレーニングのメニューを組んでくれます。

第一印象が大事ですので、このパーソナルトレーナーと相性が良さそうだと感じたら、回数券を購入して長期的にセッションを組んでもらいましょう。

パーソナルトレーニング

しかし運が悪い場合もあり、クライアントの性格に気づけないまま、セッションを続けるパーソナルトレーナーもいます。クライアントの性格に気づかずかつクライアントに合わせられないパーソナルトレーナーは、はっきり言って能力が低いと言わざるをえません。

相性が悪ければパーソナルトレーニングを即契約終了すればよいけれど、環境が限られていたなら、パーソナルトレーニングすら受けられない人がいるのも事実です。相当な田舎に住んでいて、パーソナルトレーニングを受け付けているジムが遠かったり、フィットネスレベルが低い国に住んでいると、なかなかパーソナルトレーニングを受ける機会がありません。

費用はかけられる、一緒にパーソナルトレーニングを受けたい友達もいる、という環境に自分が置かれているとします。しかし、パーソナルトレーニングを受けられる場所が遠い、という厳しい条件であっても、受けたいという気持ちがあるなら、なるべくパーソナルトレーナーに教わるようにしましょう。

プロに教わるか否かの違いは、とても差があります。スポンサーなしのアマチュアのスポーツ選手でも、モチベーションが高く毎回片道2時間車で移動してパーソナルトレーニングを受けるケースがあります。さらに新幹線で通ってパーソナルトレーニングを受ける人もいます。

相性がとても良いと感じるパーソナルトレーナーがいたら、コストを大幅にかけても通う人がいるわけです。

パーソナルトレーナーの元への道程

極端な例もありましたが、人見知りの人は無理せず友達と一緒にパーソナルトレーニングを受けましょう。

 

友達と一緒だとパーソナルトレーニングは料金がお得

複数人同時に受け付けているパーソナルトレーニングは、トレーナー1人につきクライアント2.3人が基本です。クライアントが4人以上になるとパーソナルトレーニングというよりは、セミナーイベント、講習会を開く形となります。

複数人受付のパーソナルトレーニングは、1人当たりの料金が安くなることがほとんどです。回数券も使えるなら、さらにお得になります。

大人数のパーソナルトレーニングのような講習会は、2-3時間たっぷり座学も含めてもあり、さらに料金もお得になりますが、デメリットもあります。クライアント1人当たりのアドバイスが分散しがちになります。よってパーソナルトレーナーもクライアントも集中しにくいので、マンツーマンを好むトレーナーが意外と多いです。

パーソナルトレーニングにかける費用も考えて、ちょうど良いパターンのセッションを受けましょう。

 

友達と一緒にパーソナルトレーニングを体験しよう

友達と一緒にパーソナルトレーニングを受ける場合、最初はどんなトレーナーか観察するようにしましょう。

パーソナルトレーニング

長期契約の場合、初回は会話やメニューを組む位でトレーニングはしないケースが多いです。そこでパーソナルトレーナーはどんな性格か、自分と相性が良いか見極めましょう。

それと一緒にパーソナルトレーニングを受ける友達の目標と自分の目標が同じだと望ましいです。パーソナルトレーナーもメニューを決めやすく、スムーズにセッションが進行します。

ダイエットなら同じ時期に減量完了、スポーツなら同じ時期に似た目標達成を設定するなど、友達と同じ目標だと仲間意識が高まり、目標達成時期も同じに設定ができて励ましあえます。

まずは気軽にパーソナルトレーナーに、問い合わせてみましょう。