少年スポーツ選手に必要なもの

こんにちは、パーソナルトレーニングスタジオ・プラウド白壁、スポーツドクター鈴木です。

 

先日、名古屋にてバスケットボールジュニアの全国大会が開催されました。

多くのちびっこ選手と一緒に、ご両親で会場はいっぱいでした。

会場(特に観客席)を見渡すと、子供のスポーツ教育に熱心な感じの親御さんばかりの印象です。

 

みなさん、少年スポーツ選手のためのスポーツライフマネージメントという、研究分野があることはご存知でしょうか。

早稲田大学スポーツ科学学院教授樋口先生によると、スポーツライフマネージメントとは、「スポーツライフの3要素「運動」、「栄養」、「休養」を総合的に考えて管理し、その効果を最適化すること」と、定義されています(SportsJapan vol.25 2016.05-06 発行日本体育協会 )。

 

要約しますと、

・無理なトレーニングはやめましょう。 ⇒ 筋力だけではなく、神経系、循環系、呼吸器系など発達させるべきものはたくさんあります。

・栄養はバランスよく。 ⇒ 筋力だけではなく、上記の発達には、偏食は良くありません。プロテインばかり飲飲むはいけませんね。

・休養はしっかりとりましょう。 ⇒ 競技能力の向上には、実は休養がとても大事です。休養により、筋肥大も得られ、また神経系(頭の中)も整理整頓され、次に同じ場面に遭遇した時に、素早くその場に適したパフォーマンスを効率よく出せるようになります。

 

「当たり前!」と思われた方。すごいです。とくに、「休養」が大事であることを知っている人は実は少ないんです。そして、それを実践することは実はなかなか難しいことです。

ご両親、チームのコーチの役割が重要になってきます。

特に、仕事としてコーチングされる方には、ぜひ、少年スポーツのマネージメントの勉強を受けていただいて、指導に当たっていただきたいものです。日本の将来を担う少年アスリートの健全な育成のために。

 

PROUD(プラウド)白壁で、質の高いトレーニングを、ぜひ体験してください。

————————————————————————————–

【安心・安全・上質のトレーニングスタジオ】

医師が監修するパーソナル・トレーニングスタジオ「PROUD(プラウド)白壁」

http://www.proud-shirakabe.com/

〒461-0011 名古屋市東区白壁四丁目6番1号

————————————————————————————–

Top