男性と女性、どちらが痩せやすいのか

◆実は男性は女性よりも痩せやすい?

一般的には女性の方が自分のスタイルを気にすることが多く、ダイエットにも敏感な傾向があります。しかし男性も健康増進や「外見を変えたい!」という思いからダイエットに励まれる方は多いですよね。

一方世間では女性向けのダイエット情報で溢れていることもあり、男性はなかなかダイエット方法やトレーニング方法に触れる機会が多くなく、いまいち何からはじめれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

また、女性に人気のダイエット方法でも、男性が試すとあまり効果があらわれないという場合もあります。しかし一方で、男性は元々の体質から女性よりもダイエット効果があらわれやすいという特徴があるのです。

 

男性の脂肪は比較的落ちやすい!

女性と男性では脂肪のつき方が異なります。男性の場合は内臓脂肪、女性の場合は皮下脂肪がそれぞれつきやすく、太ってしまった時の体型の変化にも如実に差があらわれます。

女性の太り方を「洋ナシ」、男性の太り方を「リンゴ」に例える場合がありますが、この表現から連想されるように女性は下半身全体に脂肪がつきやすく、男性はお腹まわりだけが張ったようにふくらんでしまうことが多いのです。

また、女性の場合は見た目にも分かりやすく身体に脂肪がついてしまい、一方の男性は見た目はスリムでも実は内臓まわりに脂肪がたっぷりついている「隠れ肥満」になりやすいという傾向があります。

しかし、この内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落としやすいという特徴があります。皮下脂肪は一度身体につくとなかなか落ちることがないのですが、反対に内臓脂肪は容易に血中に溶け出しやすいので代謝による脂肪燃焼効果があらわれやすいのです。

 

女性と比べ基礎代謝が高い

男性の方が女性よりダイエットしやすいと言われています。それは内臓脂肪と皮下脂肪の比率の違いによって生じます。男性は、あきらめずにダイエットに取り組みましょう!女性より効果が出るはずなんです。

男性は女性と比べて筋肉量が多く、トレーニングによって筋肉をつけることも比較的容易です。この筋肉量の差はダイエットの要である「基礎代謝」にも大きく影響します。

基礎代謝は1日中じっとしていても、生きているだけで消費されるカロリーのことで1日の消費カロリーの大部分を占めます。

ダイエットのためにはこの基礎代謝を向上させることが大切なのですが、基礎代謝は身体の筋肉量に影響されるという特徴があります。そのため同じような年齢・体格の方でも筋肉量が違えばおのずと基礎代謝にも差が生まれるのです。

男性は女性と比べると筋肉量が多く基礎代謝も高い傾向があるため、日々の食事制限や運動とあわせて効率よく脂肪を燃焼することができます。そのため少し太ってしまっても体型を戻すのが容易で、女性よりもダイエットがしやすいといえるのです。

 

◆男性がダイエットに成功する秘訣

前述のように男性は女性と比べると比較的痩せやすい傾向があります。しかし巷で人気の「○○ダイエット」「○○抜きダイエット」など、特定の食べ物のみを食べ続けたり、逆に一切食べないという方法のダイエットではせっかくの筋肉量を落としてしまいます。

実は体重が減ったといっても、脂肪ではなく「身体の水分が抜けただけ」「筋肉が落ちただけ」であることは往々にしてあるのです。筋肉は重いため、筋肉が落ちれば自然と体重も減少するのですがそれでは男らしさに溢れた理想的な体型をつくることはできません。

そこで、男性がダイエットを成功させ、理想的な身体を手に入れるためのおすすめの方法をご紹介していきたいと思います。

 

基礎代謝を向上させる

男性の方が基礎代謝も高く痩せやすい体であることは間違いありません。食事制限、水分制限などの一時的な減量は本当のダイエットとは言えません。

男性は持ち前の基礎代謝を生かして、脂肪を短期間でスピーディに燃やすことができます。まずはその基礎代謝が誤ったダイエット方法によって低下しないように維持し、向上させることが大切です。

基礎代謝は、前述のように体内の筋肉量によって左右されます。特に下半身の筋肉量が影響するところが大きく、筋トレを行う際はスクワット等下半身のトレーニングを意識して行うようにすると良いですね。

また、筋肉の材料となるタンパク質を豊富に含む食材を積極的にとるようにしましょう。具体的には卵、肉、魚や大豆製品などがあげられます。

ただし、男性は内臓脂肪がつきやすいためなるべく油分の少ない食べ方を選ぶようにしましょう。食事制限を行う際も、これらの食材は意識して食卓に取り入れるようにし、筋肉量の低下を防ぐことが大切です。

また、それ以外になるべく身体を冷やさないようにすることも有効です。防寒をはじめ、毎日浴槽にお湯をはってゆっくりと身体をあたためることも基礎代謝の向上に繋がります。

ダイエットを達成するためにはトレーニングを避けて通れません。一時的な体重減少はダイエットとは言いません。ぜひ、根本から美しい体を作ってください。

男性は女性と比べると体力がある場合が多く、多少ストイックな筋力トレーニングや運動でも難なくこなしてしまうという方もいらっしゃると思います。

ただし、日頃運動習慣のない方がいきなりそのような激しい運動を行うと知らず知らずのうちに身体を痛めてしまう場合もあります。決して無理をせず、自分のできることからはじめることがダイエットを継続させるコツです。

 

自炊が苦手な男性が食事制限をするためには?

最近は料理をする男性が増えており、周囲の女性よりも腕におぼえがあるという男性もいますよね。しかし中にはコンビニや外食ばかりで一切キッチンに立たないという方もおり、比較的両極端な傾向にあると思います。

極端な食事制限はいけませんが、ある程度のカロリー制限食事内容の見直しはダイエットに不可欠です。毎日しっかり運動をしていても、それ以上にカロリーを摂取してしまっていては過剰分が脂肪として溜まっていってしまいます。

ダイエットをきっかけに自炊をはじめる男性もいますし、可能であれば自分自身で食事を用意した方がカロリーも食べる量もコントロールしやすくなります。

しかし普段自炊をしない男性が無理をしてキッチンに立とうとすると、逆に長続きしない場合もありますし仕事が忙しくなかなか自炊の時間がとれないという方も多いでしょう。

レシピを調べ、スーパーへ買い出しに行き、下ごしらえをして、調理をする・・・と一から料理をするとなると食事制限に対するハードルがぐっと上がってしまいますよね。ダイエットを成功させるには、無理のない範囲でできることからコツコツとはじめていくことが大切です。

ダイエットを考える時、食事で積極的に摂りたいのは野菜です。カロリーの低さもそうですが、老廃物の除去、血管を若々しくするなど若返りの効果もあります。

そこで、そんな時はコンビニや外食、出来合いのものを上手に活用しつつ食べ順を意識したダイエットを行うのがおすすめです。コンビニや外食でも最近はカロリーや塩分を意識した健康的なメニューがたくさんありますし、お願いすれば量を調節してくれるお店もあります。

また、筋肉量を低下させないための「タンパク質」、ビタミンやミネラルを摂取できお腹も膨らむ「野菜」をメインに選び、代謝の低下する夜遅くはなるべく炭水化物を控えめにすることが大切です。

コンビニでも最近は色々な種類のサラダも売っていますし、「コンビニのサラダは高いから毎食はちょっと・・・」という方には、自宅の冷蔵庫にドレッシングをストックしておき、そのままお皿に盛るだけですぐに食べることのできるサラダパックを購入するのもおすすめです。出来上がっているサラダを買うよりもいくらか節約になりますし、ドレッシングをいくつか用意しておけば飽きにくくなります。

また、食べ順を意識して「サラダやスープ」→「お肉やお魚などのタンパク質」→「炭水化物」の順番に食べることで血糖値の急激な上昇を控え、男性に多い内臓脂肪を溜めにくくすることができます。

 

内臓脂肪を落とすには!

男性が減量を行う際に意識しなくてはならないのが内臓脂肪。この内臓脂肪は前述の通り皮下脂肪に比べて落ちやすいという特徴があるのですが、それでも一朝一夕で落ちてくれるわけではありません。

そこでおすすめなのが、糖質を無理のない範囲で控えるゆるい糖質制限です。

糖質制限ダイエットは糖質の摂取を控えることで身体に蓄積された脂肪をエネルギーとして使用し、スピーディに燃焼させようというものなのですが、実はこの時使用される脂肪は皮下脂肪よりも内臓脂肪が優先されるというメカニズムになっています。そのため糖質制限ダイエットは、内臓脂肪型である男性の方が比較的ダイエット効果が現れやすい方法なのです。

糖質制限というと炭水化物や甘い物を一切とらないというイメージをお持ちの方もいると思いますが、「普段よりご飯の量を減らす」、「夕食は炭水化物を控えめにする」などのゆるい糖質制限でも十分に効果があります。

無理なくストレスにならない程度に、ご自分のライフスタイルや食生活に合った方法で取り入れていきましょう。