自宅で練習できるゴルフ練習器具のご紹介

我々、ビギナーゴルファーは休みのちょっとした時間を利用してゴルフの練習を行います。普段は仕事に追われている訳ですから、休日を利用して練習するほかありません。

そして、ほとんどの方が休日にゴルフの練習となりますと、打ちっ放し練習場に足を運び球を打つことによってそれをゴルフの練習とします。

打ちっぱなし

しかし、月に1度程のコースでのプレーは打ちっ放しの練習以外行ってませんので、体力の衰えや筋力の衰えなどは、その時になって初めて実感します。

中々普段よりゴルフのトレーニングをしていない我々ビギナーゴルファーが、仮に自宅で10分でも手軽にできる練習方法があるならば、それを実践してみたいものです。

そして、ゴルフ用の練習器具として自宅で簡単にできるものがあるならば、それを利用して自宅で練習してみたい、そんな気持ちはみんなが共通してます。

そこで、自宅で練習できるゴルフ練習器具について、どんなものがあるのか調べてみました。気に入ったものがありましたら今すぐにでも、継続して練習してみたいです。

 

◆スイングの練習を行う器具

ティーチングプロ 2

メーカー:LYNX(リンクス)
価格:3,780円
特徴:①矯正グリップで正しいグリップを習得できる。
②フェースの向きを確認できる
③ゆっくりと、一日10回スイングを行います。

ゴルフ初心者の私がアイアンスイングを完成させたのは、このティーチングプロ2のお陰と言っても過言ではありません。

簡単な練習方法のマニアルを見て、毎日自宅で10回素振りを繰り返しただけですが、いつの間にか高弾道のアイアンショットを打てるようになりました。

通常の2本分の重さがありますので、筋トレにもなりスイング練習には最高の品物です。

このティーチングプロ2の特徴はオリジナル矯正グリップです。このグリップの形をそのまま握れば自然に正しいグリップを習得できるようになります。

そして、実際のアイアンのフェースを使用していることによって、フェースが正しい向きになっているかを確認しながらスイングをする事ができます。

その際、総重量785グラムのクラブを腕で力任せに振るのではなく、体全体を使ってゆっくり大きく振る事によって、自然と肩が自然と回り、体の体幹を利用したスイングを習得できます。

更に、室内で素振りの練習ができるように、全体の長さが25.75インチと短くなってますので、自分の部屋へ毎日素振りの練習を行う事ができるようになっています。

スイングが10回の意味は、クラブ自体が重いのでそれ以上振っても腕に疲労が残ってしまうからです。

その為私は、785グラムのクラブをゆっくりと振ってみて体の動き、特に体重移動がちゃんとできているかを毎日確認しています。

 

2WAY ゴルフスイング練習機 ライビースイングJAPAN

メーカー:ライビー
価格:5,980円
特徴:①ミニサイズは室内素振り用に開発されました。
②両端がグリップになっており、重く感じるのと軽く感じるのと2WAYになっている。
③自宅でスイングプレーンの確認ができます。

実際使用してみての感想ですが、本物のクラブでは解らないスイングの感触が得られます。

使用して1カ月になりますと、クラブを走らせる意識で練習してきましたが、スイングのタイミングに良い変化がありました。

シンプルなデザインで、素手でも使えるとのことで、自宅で手軽に練習できます。

最初に重い方でストレッチとして体の動きを確認して、その後、軽い方でヘッドの走りを意識した練習を行います。

使用し続けますと、いつの間にかヘッドの走りが良くなっています。もちろん、飛距離も伸びました。

50代から充実、ゴルフ・ライフ

50代から充実、ゴルフ・ライフ

 

◆アプローチの練習を行う器具

ダイヤ(ダイヤ) TR-407 ベタピンアプロ-チ

メーカー:DAIYA(ダイヤ)
価格: 1,736 円

セットで用意するもの
(ゴルフ 練習用 ウレタンボール30個セット 365 円 )
(Tabata(タバタ) ゴルフ練習用ショットマット ショット&ラフマット 2,980円 )
①どこでも手軽に運べるアプローチ用練習ネット
②練習用のウレタンボールと練習用のマットを使用すれば室内練習ができます。
③折り畳み式になっていますので、収納も楽です。

我々ビギナーゴルファーこそ、スコアーを上げるにはアプローチの練習をしなければいけない。我々はショットの技量から、グリーンに乗る確率が低いからです。

また、アプローチに自信があれば、アイアンショットも思い切ってピンをデッドに攻める事ができます。アプローチの正確性を習得するには繰り返し練習をするしかない。

この「ベタピンアプローチ」は軽量コンパクトで室内で使用可能なアプローチ用のネットです。自宅で正確なアプローチを身に着ける為の練習には持ってこいの器具です。

私は、このアプローチの練習器具を畳の上で練習しています。本体が軽いので、本体の底面に重しとして雑誌などを入れて安定させています。す。

標的が小さいので、ショットを慎重に打つ必要がありますが、ウレタンボールを使用すれば、外れても安心なので思い切っての練習ができます。

 

持ち運びできる ゴルフ 練習ネット

メーカー:ノーブランド(glamixグローバルオンラインストアにて販売 )
価格:3,780円

セットで用意するもの
( ゴルフ 練習用 ウレタンボール30個セット 365 円 )
(Tabata(タバタ) ゴルフ練習用ショットマット ショット&ラフマット 2,980円)
①2mのモデル(横幅200cm×奥行100cm×高さ140cm) の為、広いスペースが必要
②簡単に組み立てられる持ち運び可能な練習ネットです。
③折り畳み式ですので収納が楽です。

標的が比較的大きいので、アイアンショットも練習可能ですが、ウレタンボールを使用しますので、アプローチに徹して私の場合は練習してます。

比較的長い距離をイメージしてフルスイングも場所が可能であれば室内で練習できます。どちらかと言いますと、標的にベタピンさせる練習というよりも、スイングイメージの練習になります。

ただし、これをセットするにはまっさらな状態の8畳以上のスペースが必要です。

 

◆パターの練習を行う器具

自宅でパット練習

 

ダイヤ(ダイヤ) ベーシックパット

メーカー:DAIYA(ダイヤ)
価格:907円

①パターで大切な集中力を養う練習用マットです。幅を入る芝幅に絞った設計になっています。
②ボールが自動的にスタンス位置に戻るように設計されています。
③新弾力マットとなってますので、滑らかなパティングができます。
④従来の人工芝マットに比べるて、弾力・復元力が強い素材になっています。折りジワが付きにくいため、ロール状に巻いて収納します。
⑤ベント芝に特殊フェルトを使用してますので、リアルな転がりを体感できます。

ゴルフスコアーを良くするのに、一番の近道はパター技術を磨く事です。距離や方向のどちらかがずれてしまったら入らないのがパットです。

寸分の狂いの無いパット技術を習得するために、ビギナーゴルファーは繰り返し練習するしかありません。そこには集中力が必要になってきます。

今までのパター練習マットよりもマット幅を狭くして、カップインさせるには本番さながらの集中力が必要になりますので、本番さながらの練習ができます。

ショートパットは必ず入れたいものです。それには本番さながらの練習の繰り返しによって、その技術は習得できます。

 

◆自宅でゴルフ練習してスコアーアップ

今回、紹介しましたゴルフの練習器具は、いずれも自宅で簡単にできる練習器具です。休みの日にちょっとした時間に練習が可能なものばかりです。

自宅でゴルフの練習

日頃、この器具で練習していれば、打ちっ放し練習場でショットに変化が現れるでしょうし、もちろんコースに出て、アプローチやパターが今まで以上に上手く行くようになります。

先ずは、自宅で手軽にできる事から始めてみるのが良いのではないでしょうか。

スコアーが良くなりますともっと上を目指したいものです。その時気持ちが前向きになり一気に上達します。

 

◆本格的にトレーニングするのであればパーソナルトレーニング

家でのトレーニング意識を持つようになりますと、簡単な家での練習では物足りなくなります。もう少し本格的にトレーニングを行いたいと思う人もいると思います。

そんな方は、1週間に一度パーソナルトレーニングを行ってみてはいかがでしょうか。ゴルフをするのに必要な筋肉のトレーニングからトレーナーが個別にメニューを考えてくれます。

家での練習は、感覚的なものを習得する練習です。しかし、年々体力が衰えてくる中年のビギナーゴルファーにとっては、筋肉を維持して、体の柔軟性を維持できるようなトレーニングも必要です。

それには、パーソナルトレーナーがあなた向けに作ってくれたメニューを行う事によって、体の衰えを維持する事ができます。