花粉症をやわらげるために筋トレを始めよう

辛い花粉症

花粉症をやわらげるために、マスクをしたり食生活を変えたり、薬を飲むのは常識ですが、実は筋トレをしても花粉症をやわらげる効果があるのです。

花粉症をやわらげるための筋トレは、そんなに積極的にやらなくても大丈夫です。
筋トレを習慣化して長く続けるには、どうしたらよいでしょうか。

花粉症をやわらげるコツも含めて詳しく知って、花粉症の症状を抑えましょう。

 

◆花粉症に筋トレは効果があるのか

筋トレをするわけには、人それぞれ様々な理由がありますよね。ダイエット目的や筋肉を増やしたい、体型を整えたい、趣味のスポーツの補強として、 筋トレを続けるわけです。

杉の花

まず、花粉症の症状を抑えるために筋トレをたくさんするのは、お勧めできません。運動に慣れてなかった人が筋トレをして免疫力と体力がついたなら、 その人にとって筋トレは花粉症に効果があるといえます。

しかし筋トレをたくさんしてからといって、筋トレの量に比例して花粉症が治る確率が高まるとは限りません。

運動に慣れていて普段から激しい負荷のかかる筋トレをしていると、免疫力の低下とストレスに耐えられなくて花粉症の症状が強く出る場合があります。

負荷の高い筋トレをしていると筋肉の回復が追いつかなくて、 免疫力が低下してストレスに耐えられなくなり花粉症だけでなく内臓が弱ったりじんましんが出る場合もあります。

激しい負荷のかかる筋トレをしている人は、 プロテインやタンパク質を毎日たくさん摂取しているケースがよくあるので、 よけい内臓に負担がかかって連鎖して花粉症の症状が強くなります。ようは、トレーニングと休息、食事のバランスが大事なのです。

筋トレによって花粉症が治った、という人も増えています。特に花粉症の症状がやわらいだケースだと、 花粉がたくさん飛散をしている時期に外でトレーニングしても、 花粉症の症状があからさまに出ない、という話がよくあります。マラソンやバイクで外でトレーニングする人には、うれしい効果です。

トレーニング中は覚醒状態にあるので、 花粉症の症状が出にくいです。

しかし夜寝る前や朝起きた後のリラックス状態に、花粉症の症状が激しく出る場合があります。

その逆パターンで興奮してる時は、花粉症の症状が出にくいのです。

トレーニング中に花粉症の症状が出なかったからといって、花粉症が治ったとは限りません。

 

◆筋トレだけでなく予防も大事

筋トレが花粉症の症状を和らげやすい、 というのはわかりましたよね。しかし筋トレしたからといって、基本的な花粉症の予防方法をおろそかにしてはいけません。

アレルギー反応が出る花粉は、できるだけ体内にとりこまないようにしましょう。外出のさいにマスクをして、口や鼻から花粉をとりこむのを防ぐのは基本中の基本です。

マスクで花粉症を予防

帰宅後に服や髪についた花粉をはらって、 家の中にただよう花粉の量を減らしましょう。目や鼻を軽く洗い、うがいもします。

食事に気をつかうのも大事です。筋トレをしている早めに回復しやすい食べ物をとり、 水分も多めにとりましょう。

ヨーグルト花粉症に効くといわれている理由は、 ヨーグルトを食べると腸内環境を整えられるので免疫力が高まりアレルギー症状が出なくなるからでしょう。

花粉が飛ぶ時期は、わざとトレーニングの頻度と負荷を下げて体を疲れにくくするのがおすすめです。

筋トレ中は覚醒状態にありアレルギー症状は出にくいのですが、免疫力が低下する時間帯も発生するので、 忙しいなか筋トレしている場合は、長期で見て体を休ませても良いでしょう。最大2か月筋トレを休んでも平気といわれています。

それ以上筋トレをしないと体は衰えていくので注意が必要ですが、かわりに自宅でストレッチや自重トレーニングをするとよいでしょう。

 

◆花粉症筆者のトレーニングと食事体験

杉林

筋トレが習慣化する2年前に花粉症になった筆者は、 筋トレで花粉症がほぼ治ったと思います。

筆者は杉とヒノキの花粉に弱いのですが、2月から5月の間に外出の際は必ずマスクをつけています。

筋トレを始める前は、内服薬と目薬を処方してもらっていました。薬の副作用があり明るい時間帯でも眠気をよく感じていました。

ダイエット目的でフィットネスクラブに通い始めてから、花粉が飛散している時期なのにくしゃみや鼻水が出るタイミングが減ってきました。

不快な花粉症の症状が少なくなったので、薬にだんだん頼らなくなってきました。

そのかわり、筋トレの習慣を続けは順調に続き、ダイエットの目標も達成できました。

それからは体型維持の目的で、フィットネスクラブのスタジオレッスンと筋トレも週3.4回して、よぶんなぜいにくが減ったのと同時にますますアレルギー症状も減っていきました。

マスクの効果が一番あると思うのですが、筋トレの効果もあなどれません。筋トレ中は確かに、花粉症の症状が全く出ないのです。たまに夜寝る前や朝起きた後にくしゃみや鼻水がでてしまいましたが、現在はマスクと週2回の筋トレで、ほとんどアレルギー症状はでなくなりました。

筋トレだけでなく食事も効果があると思います。ヨーグルトとお茶も毎日摂って、お通じをよくしました。

トレーニングにはまりすぎている時期に、プロテインをいつもより多めに摂っていたら、アレルギー症状のようなじんましんができました。かゆくて花粉症の症状がでる時期とかさなったので、プロテインをしばらく飲むのをやめたら、かゆみはおさまりました。

食生活が乱れると、アレルギー症状も重くなると実感しました。

オーバートレーニング状態で、アレルギー症状が重くなる時はありませんでしたね。おそらく代謝が高まっていて、肌や粘膜も強くなっていたからでしょう。

トレーニングで汗をかきますし、トレーニング後はこまめに体を洗うので、肌を清潔にできていたのも良かったです。
筆者は肌も弱い方なので、体は軽く洗う程度でした。

フィットネスクラブのトレーニング仲間にも花粉症やアトピー体質の人たちがいましたが、トレーニングを始めてからアレルギー症状が減ったという話はよく聞きました。肌のかゆみが減ったという人も大勢いました。

トレーニングのしすぎはよくありませんが、無理なく続けてヘルシーな食生活に変えると、よいでしょう。