前例のないダイエット其の参

おはようございます☀︎
朝夜涼しくなってきましたが、まだまだ半袖ハーフパンツで出歩くトレーナー杉浦です。

さて、今日は、前々回のブログ↓の続きにお付き合い下さい。

前例のないダイエット其の二

Yさんはなぜ僕に託したか?
Yさんはある携帯ショップの販売員をしていました。

ある日の事、
スマホを買い替えに来た一人の客の応対をしていて、そのお客のスマホ画面に映っていた筋トレマシンの画像が目に飛び込んだ。

Y「なんでこんなマシンがあるんですか?

お客K
「ああ、トレーナーをやっているんですよ!」

Kはすかさず、
プロフィール付きの名刺を差し出した。

すると、Yは仕事を忘れ、

食い入るように名刺のプロフィールを眺め、

更にはKのホームページやブログを検索し、読み漁っていった。

気が付くと、他の店員が気を回しKのスマホの購入手続きをし終わっていた。

 

手続きが終わると、

Y「お願いしますっ!
と、汗かきの彼は更に汗びっしょりになり言った。

K「えっ?スマホの手続きはもう終わりましたよ!?」

Y「いえ、スマホではなく、トレーニングをお願いしたいのです!

そう、

トレーニングをお願いされたのが客Kの僕だったのです!

……そんな偶然の出会いから、Yさんと僕の挑戦が始まりました。

僕のプロフィールには、幼少期から運動神経ゼロで社会に出てからも負け癖から抜け出せなかった過去や、そこから勝ち癖をつけるまでのストーリーが書かれていました。

小さい時から運動神経抜群だったり、勉強の成績がよくて社会に出てからも勝ち組の人がいる

 

しかし、

 

負け癖のついたYには、そういった強い人や一般的な人には共感できなかった。

 

だから、
学生時代から負け組人生を歩み続け、
トレーニングをきっかけに勝ち癖(まだまだ修行がたりませんが……。)をつけ、何とか負のスパイラルを脱出した、
弱虫ダメ人間出身の僕に自分の人生が重なって、

 

この人に託そう!と、なったとの事です。

 

中々そういった出会いはないと思いますので、宿命を感じます。
どうかYさんのチャレンジをあたたかく見守って頂けたら幸いですm(._.)m

次回は、「体脂肪率の真実」をお伝えしたいと思います。

Top